でろぐのロゴ 豚さんブーブー

ミスドミュージアムでドーナツ手づくり体験をしてきたよ。

2015年10月24日 (土)

先日江坂にあるミスドミュージアム(ダスキンミュージアム内)でドーナツ手づくり体験をしてきました。
このイベントは、ミスドで提供しているドーナツを自分で実際に作ってみることができるというもので、ミスドが好きな我が家には外せないイベントです。
妻が見つけてくれて、予約できるのが平日だけだったので夫婦で参加してきました。

まずは生地を伸ばして型に合わせてくり抜く工程です。

ローラーで生地を伸ばす

ローラーの重さで伸ばすのが大切みたいで、力の入れすぎはよくないらしいです。
この辺は妻にお任せしましたw

型に合わせてくり抜く

型に合わせてくり抜きます。上から垂直に力をかけてやるのがポイント。
実際にやってみましたが面白いです。

6個作る

ドーナツは6個作ります。
少し寝かせて膨らませてから揚げるそうで、その間にデコレーション編をやります。

道具を一式用意してもらってデコレーションスタート。

デコレーション

チョコレートが溶けないように、チョコの下にはお湯が張ってありました。
傾けたときにこぼして発覚したのは内緒ですw

自分作

僕が作ったのはこんな感じ。

妻作

妻はこんな感じで作りました。

持ち帰りの箱に絵を描く

デコレーションしたドーナツはお持ち帰り用なので、お持ち帰り用の箱に好きな絵を描きます。
その間に準備ができたようで、揚げる工程に入ります。
揚げるのはフライヤーを使って危険なので、スタッフの人が代わりにやってくれるのをガラス越しに見つめます。
温度が低いように感じましたが、実際は190度に設定してあるようでした。

揚げてもらう

揚げたてのドーナツを席に運び、グレーズという甘い液体をかけます。
ドーナツ屋さんで見る白い甘いやつがグレーズというんですね。知りませんでした。

甘いやつ(グレーズ)をかける

かけるやつとかけないやつを作って食べてみます。
グレーズをかけない場合でも、生地のふんわりした食感と少し塩分の効いた素朴な味で美味しいドーナツです。
余ったドーナツはお持ち帰りです。
家で待つ子供たちへ。

持ち帰る

ちなみに僕が描いた箱はこんな感じにしました。
参加者にはギフトカードと修了証が手渡されます。

参加賞

結構な人気らしく、当日は四国から来ているカップルもいました。
予約をとるのも大変らしいので、興味がある方は早めに予約することをオススメします。

シェアする