でろぐのロゴ 豚さんブーブー

ゲンシグラードンの捕獲。雨が降って眠れなくて涙目

2014年11月29日 (土)

いやはや、ポケモンのオメガルビーをプレイしているのですが、めっちゃ面白い。
今日は、そのオメガルビーで登場するゲンシグラードンを捕まえたときの事を記事にすることにします。

ゲンシグラードン涙目の図
これが捕獲されたときの状況。特性が生かせず涙目なゲンシグラードンちゃん。

まず、今回の捕獲に当たってはゲンシグラードンの特性「終わりの大地」が無意味になるように雨を降らせてゲンシグラードンに雨を見せてから捕まえようという趣旨があります。
別に雨を降らせる必要はないですが、まあ普段雨降ってるとこ見たことないでしょゲンシグラードンちゃん。
なので、雨を見せて精神的なショックを与えてから捕まえることにします。

そのために基礎情報からおさらい。

ゲンシグラードンは以下の特徴があります。

特性「終わりの大地」は天気が「ひざしがとてもつよい」状態になる。
水技が無効(蒸発するっていう説明)かつ天気変更不可
技構成は、
・だんがいのつるぎ
・じしん
・ねむる
・ふんえん

まず厄介なのは特性の効果で炎技の威力アップとタイプ一致の効果が相まってふんえんがきついのと、もともと高い物理から来るタイプ一致の専用技のだんがいのつるぎとじしんが強力。
あと、何げに削ったHPを眠るで回復とステータス回復もめんどくさい。
地面タイプなので電磁波効かないので麻痺には出来ません。

そこで、それらを一つづつ潰していきます。
まずは特性。これが非常に面倒かつ、今回の目的の最大のポイントです。
天候変化が無効化されているので、ふつうに雨乞いしても雨を見せることが出来ません。
そこで、技「なやみのたね」を使用して特性を「ふみん」に変えちゃいます。
ついでに「ねむる」の無効化も出来て一石二鳥ですね。
その後に雨乞いすればおk
あとは、それらを実行する前に潰されてもかなわんので、特性「威嚇」をもったポケモンを2体用意します。
先発威嚇からの5回交換で物理攻撃はほぼ無意味なものになります。
あとは、特攻も「ひそひそばなし」とかしとけばガンガン落とせます。

ということで、今回は威嚇持ってるボーマンダとギャラドス、なやみのたねはフシギソウ、ひそひそばなし用のウルガモス、あまごい要因にヌオーさん、HP削るようにみねうちを覚えたキノガッサを連れていきました。

まずはボーマンダとギャラドスを交代で出して物理技の威力を下げます。
次に、ある程度攻撃してダメージ加えると「眠る」を使ってくるので、ゲンシグラードンが眠ったらフシギソウに交代。眠っているゲンシグラードンになやみのたねをつかって特性を変えます。
この時点で天候はなくなります。
次にヌオーが出てきてこんにちわ。雨乞いで雨を降らせます。

ゲンシグラードン涙目の図

あとは、キノガッサのみねうちでHPを1まで減らしてボールを投げるだけ。
安全なかつ快適に、ゲンシグラードンに最高の屈辱を与えつつゲットしました。
非常に満足度の高い内容になったかと思います。

シェアする