でろぐのロゴ 豚さんブーブー

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダーを見てきたよ!

2011年4月17日 (日)

昨日は劇場版仮面ライダーの「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」を見てきました。
ストーリーは見てのお楽しみなので触れませんがやっぱり見て思ったのは仮面ライダーは最高だという事ですね。
色々見所はありますが僕にとっての一番の収穫はNEW電王です。
NEW電王はこれまで映画で何度か出ていたようなんですが僕はその映画は見ていなかったんです・・・。
今にして思えばライダーファン失格といわれてもしかたのないていたらくですが、今回初めてNEW電王を見てかなり好きな部類のライダーだという事が分かりました。
大剣持ってる立ち振る舞いが素晴らしいとかそういうスーツアクターの高岩さんの力も大きいですがキャラとしての優しさや芯の強さみたいな部分がものすごくライダーライダーしていて劇場だけで終わらせておくのはもったいないと本気で思いました。
ちょっと話はそれますがその影響で今日は見ていなかった映画のDVDをレンタルしてきましたw

で、話は戻りますがそんなNEW電王という大収穫もサプライズでしたが今回は敵側のキャラもすごく豪華な顔ぶれでところどころで思わず「おお!!」ってなる場面が何回もありました。
オールライダーはディケイドの時にやったので2年ぶりくらいなので新鮮というわけではないですがやっぱりこのみんな出てくるお祭り的な雰囲気が何よりも最高でした。
これだけ愛されてきたライダーを見て本当に鳥肌が立ちました。
劇中での決め台詞でもある「仮面ライダーは正義の味方」とかまじでやばかったです。
ただ、ほんの少しだけ残念なのは物語の伏線どころかストーリーが完全に崩壊してしまってるのが残念でした。
まあこの時間内にあれだけの内容を盛り込もうとすれば話の整合性なんてかなり難しくなりますし、電王がいる時点で話は更にややこしくなるので仕方がないんですけどね。
それでもそんな点を全部ひっくるめても本当に楽しくて素晴らしい映画でした。

おっさんをこれだけ感動させる作品というのもあまりないと思うので今後も仮面ライダーはどっぷり見ていこうと思います!

ちなみに劇場で販売されているパンフレットは最高の一言です。
オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー
ライダーファンじゃなくてもこの1冊を読めばライダーへの熱い情熱が伝わる事間違いなしの完全保存版です!

シェアする