でろぐのロゴ 豚さんブーブー

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 COREを見てきたよ

2010年12月21日 (火)

日曜日は家族で仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 COREを見てきました!面白かったのでネタバレしない程度に感想を書きます。

ガンバライドカード
入場者特典はいつものようにガンバライドカードでした。

今回は前回の映画でもでてきた吉川晃司さんがまた登場する「仮面ライダースカル」の誕生の話とオーズの信長の話、そしてWとオーズの両ライダーが登場するMOVIE大戦CORE3部作で構成されています。
まずはスカルの話なんですがこれがかなりハードボイルドな展開の話です。正直ほんとに子供向けなのか?ちょっと渋すぎるぞと思うくらいw
これまでの伏線や、意外なキャラの設定が分かったりとこれまでWをみてきた人には大満足するかなりまとまった内容でした。
逆にまとまりすぎていてハラハラドキドキ感はあまりありませんが、僕はしっとりと見れるこのお話が好きです。
ストーリーメインで展開するので横に座っていた息子は少し眠そうでしたがw
そして次がオーズの信長の話。
鴻上さんが信長のミイラを見つけてきたのでそれをホムンクルスとして現代に蘇らせるっていうかなりトンデモな設定ですw
が、いつものオーズのようにしっかりとしたキャラ設定が生きているので違和感なく見ることが出来ます。
僕ら家族の大好きな後藤さんももちろん大活躍で大満足。
やっぱりオーズはどんな話にしてもキャストのはまり具合がいい感じなので安心して見る事ができます。
最後のMOVIE大戦COREは前の2つのストーリーの延長線上のお話でみんな出てきてドンちゃん騒ぎ&ネタバレのオンパレードといういつもの感じでお祭りみたいなものなのでなんとも言えないので実際に映画館に行って見てきてくださいw

しかしWは本当に名作すぎてオーズ大丈夫かなと心配した事もありましたがやっぱりオーズは面白いですね。しかもかなり。
映司、アンク、鴻上さん、後藤さん、グリードの皆さんと個性豊かすぎるメンバーが織り成す物語に夢中です。
毎年思う事ですが本当に特撮ファンをしてきてよかったなと映画を見た後に思います。

あと、劇場においてあったチラシが面白かったんですが12/26に握手会をやるらしく、そのチラシの注意書きに

※急遽ヤミー討伐等の理由により中止となる場合がございます。(ヤミーは劇場には来ません、ご安心ください)

って書いてあってなんて素敵な劇場だろうと感激しました。こういうユーモアは大好きです。
また次の映画も公開されるらしいので見に行きたいと思います。

シェアする