でろぐのロゴ 豚さんブーブー

仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットルを見てきたよ

2015年1月3日 (土)

今年は新年早々仮面ライダーの映画「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」を見に行ってきました。

ライダー映画を見に行くのはけっこう久々だったのですが、思っていたよりめちゃ面白くて行ってよかったなと思います。
ここから先は軽くネタばれしてる部分もあるので、まだ見に行ってなくてこれから行こうと思っている人はご注意を。

鎧武編のよかったところ

今回の中で最もよかったなと思えるのが鎧武編。
最大の理由はメインが紘汰ではなくミッチーと貴虎兄さんだったことです。
初っ端から貴虎兄さんが工事現場でヘルメットを被っているというシュールな絵面が見れたこともよかったですが、その後の凌馬との因縁の対決とか、本編で解消できなかった部分をしっかり回収できたところなんかは見てて盛り上がります。
その他にもオーレンさんがマスターにフルーツの味付けを指南したりとかの小ネタが満載で、久々に鎧武の世界観を感じることが出てきてよかったです。
今回の敵がすごく無機質なので、その辺と人間の感情の揺さぶりとかの対比もよくて、よくまとまっていたかと思います。

ドライブ編のよかったところ

ドライブ編もすごくよくて、進之介がベルトさんへの熱い想いを吐露する所などはグッと来ました。
敵のルパンがだいぶしょっぱくて、途中から大丈夫かなと見てましたが、特情課のメンツの安定感、特にゲンさんのおかげもあって安心してみることが出来ました。
あと、地味にドライブの2号さんのマッハが見切れて出てきたりしますが、一切ストーリーに絡まないというのは正直いかがなものかなと。
あまりにも番宣という名の空気過ぎたかと思うのでした。

混ざってからのよかったところ

最終的な部分の混ざってからは、まあ思っていたとおりの無茶苦茶さだったんですが、「MOVIE大戦」と銘打ってるのはだいたいいつもこんな感じなので特に気にしてないというか、勢いを楽しみました。
鎧武のドライブアームズがけっこういい造形だったと思いますが、ドライブの方は・・・。
あとは、ちょっとテンポを無視した小ネタ(鎧武にシートベルト締めてというくだりとか。急いでるんちゃうの?と思わず突っ込みたくなる気持ちを押さえて子どもにシートベルト着用の啓蒙をしているという感じで納得)が挟まりたりで、少しモヤモヤする感じはありましたが、かなり楽しめました。

総評

久々というものあってめっちゃ面白かったですね。
この勢いとか、随所に散りばめた小ネタとかばすごくいいバランスで取り込まれている作品だったと思います。
いつものご都合主義は健在ですが、特撮ファンはそういうところも含めて楽しめるものだと思っている口なので、特撮ファンであれば絶対にはずれなくおすすめできます。

シェアする