でろぐのロゴ 豚さんブーブー

映画「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」を見てきました

2014年3月30日 (日)

今日は久しぶりに劇場版の仮面ライダーを見に行ってきましたよ。
見に行ったのは平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊
簡単に説明すると、昭和ライダーと平成ライダーの戦いになぜかキョウリュウレッドとトッキュージャーが混じるそんな映画です。
で、なぜこの映画を見に行こうと思ったかというと、仮面ライダー好きなので当然という事もありますが、一番の理由は「久しぶりにたっくんが見れるから」という理由です。
たっくんって誰やねんという人にたっくんを説明すると、仮面ライダー555の主人公「乾巧」の事です。
僕は歴代ライダーの中で555が一番好きなので、かれこれ10年ぶりくらいにたっくんを見る事ができる(中の人は何度かみてますがたっくんではないので)というだけで、いくしかないと思うのです。そして行ってきたのです。

見た感想としては、やっぱり話はめちゃくちゃでひっちゃかめっちゃかでしたが、かなり面白い映画でした。
個人的な3つのポイントは以下のような感じです。

クリムゾンスマッシュがやはり最高であるという事

何回もいいますが、僕は555がすごく好きなんですよね。
そして、555といえばクリムゾンスマッシュ。さらにいうならアクセルフォームでの複数クリスマが最高に格好いいと思っている人です。
ええ、ありましたよ今回の映画に。最高のシーンが。
見た瞬間震えましたね。この久々の感じ。やっぱりいいわーって心から思いました。

4号ともいえるXと555の絡み

話の方では、たっくんと神啓介のストーリーがありました。昭和の4号ともいえるXと平成の4号ともいえる555という少しだけ共通点があるライダーのストーリーはけっこう大人向けでぐっと来るものがありました。
神啓介が言った「守るべきは子供達の未来」ってセリフもかなり来ましたね。あれはいいです。
たっくんが心のトラウマの草加さんとのエピソードを克服する上で重要な役割を担っていて、すごくいい話でした。
そういえば、草加さんも本人が登場してました。死ぬ直前と幽霊になってw

たっくんの陰に隠れている(主観では)が翔太郎がアツイ

たっくんの事ばかりかいてますが、Wの事も好きな僕は翔太郎がでてきていたのもすごく楽しいポイントでした。
風都を守るハーフボイルドは健在で、相変わらずいい味を出していて見ているだけでほっこりします。
そして、決めるところではしっかりと決めてくれる翔太郎。アツイ!
今回の映画は僕の好きな人が盛りだくさんで本当に最高でした。

あとは、ディケイドが主人公じゃないのかってくらい主張しててうざーってとこか、藤岡弘。が暑苦しすぎるとこか、バロンの人がネタキャラ化しつつあるところとか、なぜかキョウリュウレッドが一人で出てくるところとか、板尾さんとか、雛形あきことかなんかもう色々とお腹いっぱいな感じです。
もう一回見ても面白いかと思うので、レンタルされたらまた見てみよう。

シェアする