でろぐのロゴ 豚さんブーブー

年末だからというわけではないけど、プリキュアの過去作品を振り返って感想を書いてみる。プリキュアのカラースキームのおまけもあるよ。 #cure_advent

2013年12月11日 (水)

この記事は「プリキュア Advent Calendar 2013」用の記事ですよ。

長いのでもくじ

ふたりはプリキュア、ふたりはプリキュア Max Heart

僕は初代から見てたんですけど、最初の方はいまいちノリがつかめなくてデュアルオーロラウィエイブ!って何ぞとか思いながら見てました。
とはいえ、とても特徴のある作品だったので、やっぱり面白くてずっとプリキュアを見続けるきっかけになった思い入れのある作品です。
中でも僕がとても気に入っているのは、メップルの語尾の「メポ」。
一時期酔っぱらってなんかする時などに多用して周りを引かせていたのはいい思い出です。
とりあえず「なんとかメポ」っつとけばいいのは非常に汎用性が高いですね。
縁日でポルンのお面をつけて歩いたりもしてたのを書きながら思い出しました。
今にして思うと結構はまっていたのだなーとしみじみします。

ふたりはプリキュア Splash Star

スプラッシュスター(SS)は僕はかなり好きな作品で、花鳥風月の四つのエレメントをモチーフにしているあたりが好みです。
OPも元気いっぱいの感じで聞いていると元気になれます。
特に気に入っているのはチョッピの造形で、今まで出てきた妖精さん達の中では抜群にかわいいですね。
ただ、一般的には初代のイメージが強いおかげで非常に印象の薄いかわいそうな境遇のプリキュアではあります。
見直したら結構面白いと思うので、まだ見ていない人にも安心しておすすめできる作品だと思います。

Yes!プリキュア5、Yes!プリキュア5GoGo!

初代と5だけが2年連続の作品で、5人構成になって初めてのプリキュアがプリキュア5。
それぞれのキャラもたっているし、ストーリーも無難で特に問題もないんですけど、個人的にはいまいち盛り上がらなかった印象が強いプリキュアです。
試行錯誤してて見てても面白い作品ですが、なんかピンとこないのはなぜ?ってそんなん知らんがなって感じだと思いますけど、そういう印象です。
多分ココとナッツが擬人化しているところとか、この2人でBLっぽい演出があるのがそんなに好きではないからかもしれません。
あとは後期にきたシロップとメルポもかわいくなかったのも影響しているかも。
ただ、ブンビーさんが面白いので、それで引っ張っていた感があります。ブンビーさんは本当に面白くて最高ですね。

フレッシュプリキュア

フレッシュはなんといっても悪役として登場したイースちゃんがキュアパッションになるっていうのが最大の見せ場で、やっぱりそこがすごく印象に残ってる作品です。
この少しづつ心を開いていく感じがキュンキュンしますね。とってもいい感じです。
この作品はプリキュアの4人とも造形が素晴らしいのですが、脇を固めるはずのタルトとシフォンがかわいくないのが難点です。
当時発売されてたシフォンのお世話セットみたいなぬいぐるみが本気でかわいくなかったです。
おしっこしたからおむつを帰るっていう育児系のおもちゃで、うーんって感じでした。
今の愛ちゃんもそんな感じですけどw
あと、OPが最高です。かなり音痴ですが勢いがすごいです。これぞプリキュアって感じの。
あと、もぎたてフレッシュっていう掛け声もいいですね。勢いがあっていい。

ハートキャッチプリキュア

僕がプリキュア史上最高に好きなのがハートキャッチです。
プリキュアを見始める前に見てたおジャ魔女どれみに通じる胸が締め付けられる感じのストーリーで、実際何度か泣きました。
主人公が引っ込み思案とか、えりかがぐいぐいくると事か、その掛け合いとかも最高ですね。声もあってたし。
プリキュアでは珍しい高校生のムーンライトさんがいるおかげで全体のまとまりも出てくるし、サンシャインの変わっていく様子なども作品を通して成長を感じる事ができて言うことなしの素晴らしい作品です。
地味にプリキュア史上最高齢のおばあちゃんがプリキュアになるという見所もあるしw
シプレとコフレも初期の頃の原点回帰的なデザインでかわいいのも素晴らしい。
今でもたまにハートキャッチのOPみてると、思い出して泣けてくるんですよね。
とにもかくにもハートキャッチは至高の作品でした。自分の中で。

スイートプリキュア

スイートは響と奏が仲良くなるとこから始まるんですけど、個人的にはあんまりそこ何も感じてなくて、ビートだけが素晴らしいという印象です。悪役からプリキュアになるっていうのはフレッシュのパッションで既に使われている手法ですが、キャラ的に一番たってるのはビートかなと思うわけです。
ストーリー的には微妙な感じですが、キャラの造形と攻撃スタイルはすごく特徴的で素晴らしいです。
ただ、どうしてもハミィとの絡みが多くなってしまうので、どうしてもぐだぐだしてしまうんですよね。
ハミィはあんまりかわいくないなって思っているのですが、まあストーリー上仕方ないか…

スマイルプリキュア!

スマイルはかなり面白くて大好きな作品ですが、なにはともあれやよいちゃんやと思うわけです。
基本的に引っ込み思案な子が成長していく姿が素晴らしいと持っている方なので、そこだけでポイント高いんですけど、必殺技でビリビリしたり、変身後のジャンケンがあったりといった点も見逃せません。
キャラデザ的にはキュアマーチが一番好きですが、ピースの安定感半端ないなと思います。
でも全員すごくよいので、作品としての完成度はめちゃ高いです。
ストーリーも巨大ロボットやヒーロー、小人になったりと絵本モチーフなのを活かして毎回面白い世界観を作ってくれたのも素晴らしいです。
見て外れのない作品ですね。

ドキドキ!プリキュア

前作のスマイルが良すぎたので、今年はどうなるかと思ってみてましたが、個人的には結構面白いと思います。
マナはちょっとしつこいですが、あれはあれでキャラたってるしブレてないし。
これからレジーナの心が変わっていく様子などは面白いところだと思います。
ただ、残念なのがやはり愛ちゃん。
キュピラッパっていえばいいと思っているフシがあるのがどうも。
あと、今回の妖精はなんか陰が薄い気がする。原因は明らかに愛ちゃんやと思うけど。

まとめ

といった感じでプリキュアの10年を振り返ってみました。
なんやかんや言いながら気付いたらもう10年も見ているなんて…。
途中関西特有の甲子園の魔物のせいで数話見逃しているので完璧ではないですが、10年となると感慨深いものがあります。
来季はハピネスチャージプリキュアという名前も決まっているので、11年目も楽しく見ることができそうです。
来季の妖精はどんなのかが非常に楽しみです。

おまけ:precure-color-scheme

と、ここまでで終わってもよかったんですけど、他のアドベントカレンダー書いている人がすごいので、僕も少しがんばってみました。
何をがんばったのかといいますと、これまで登場したプリキュアのカラースキームをまとめてみました(誰得)
CSSのファイルとかsketchのファイルを以下リポジトリに同封してますので、これはって思った方はぜひ使ってくださいw

作ったCSSでサイトも作ってherokuで公開してますので、どんなかなーって思った方はぜひご覧ください。
http://precure-color.herokuapp.com/

ダウンロードはGitHubで。
https://github.com/deroter/precure-color-scheme

シェアする

タグ