でろぐのロゴ 豚さんブーブー

東京旅行(雑記)

2013年7月9日 (火)

こないだ東京に行ったときのメインの目的は書いたんですけど、実は今回はもうひとつ目的というか狙いがあってそれを試してた部分があるので、その結果を書いておこうと思います。

その狙いは何かというと、「安く東京旅行したらどのくらい疲れるか」ですw
僕も結構いい年になってきたので、そんな無理するような事でもないんですけど、最近たるんでるというか甘いなと思う部分があったので、ちょっと挑戦してみました。

まず、往復の移動には深夜バスを利用しました。
新幹線や飛行機に比べるとかなり安いです。
まあ時間かかるし狭いので結構というかかなりきつかったですが。
でも、それよりこたえたのは帰りのバスの待ち時間が長いってことですね。
東京駅発ですが、大体22時くらいには東京駅のお店が閉まってしまいます。
23時50分発のバスに乗る予定だったので2時間近く何もすることがないというのが辛い!
一人で飲んでしまおうかとも思ってましたが、それは多分寂しくて泣いちゃうのでやめといて暑い中その辺をぶらぶらして過ごしました。
おかげで結構メンタルが鍛えれたのではないかと思います。

次に安くするといえば宿。
今回は素泊まりに近いトイレ・風呂が共有の男性専用ホテルに宿泊しました。
どこかはあえて言いませんが、値段は驚きの3500円!やっす!
そんなところ不安じゃないのかとも結構思ってましたが、過ごしてみた感想としては「意外と快適」。
場所は南千住というところにあったのですが、このへんではこういうホテルがいっぱいあるみたいです。
交通はメトロの日比谷線なので、終電も24時くらいまで都心にいても大丈夫でした。
おかげで飲み過ぎましたけどw
部屋は3畳程と狭いですが、ネットとエアコンと電源とテレビがあるので充分すぎるくらいですw
日曜の朝の特撮タイムも大浴場ですっきりアルコールを飛ばして、エアコンの効いた室内で特撮を堪能できたくらいです。

で、わかったことは、ホテルは結構安くてもかなりくつろげるしあんまり問題ないかなと思います。
ただ、交通は安いときついです。
やっぱり新幹線あたりが無難。プレミアムモルツを飲みながらがいいなと思いますw

番外編

他にやったことを書いてみます。
暑かったのであまりうろうろできませんでした(というかしたくないくらいメンタルやられた)が、セミナーの前にラーメン二郎の神田神保町に行ってきました。
この時期にセミナー前はやり過ぎだったと反省。
まず、開店が11時ですが、10時40分くらいに並びました。
その時点で結構並んでいると思ったからですが、その後続々と人が並び炎天下にもかかわらずものすごい行列になりました。
まず日陰のない場所で20分待って、そっから人が入って出ていってというのを待つのが第一の苦痛。
後ろで並んでいたカップルが、最初はキャハハウフフしていたのに最後の方は無言で張り詰めた空気になったり、本を読むのに夢中になったおっさんが前に行かへんから後ろの人がイライラしていたり、かなり殺伐とした雰囲気です。
次の苦痛が入ってから。ここは人によっては苦痛ではなく修行か、極楽かという部分かもw
知っている人はわかると思いますが、まず量が半端ないです。
どんぶりいっぱいに山のように積まれたラーメンと野菜。
それをひたすらかきこむ、かきこむ、かきこむ。
店内はすごい熱気なので、みんなものすごい汗。ほとばしる熱気が漂う空間で聞こえてくる音はみんな必死で麺をすする音のみ。
楽しく会話をしながらというような余裕はなく、さながら戦場のような様相です。
量の問題なのかコンディションの問題なのかとなりの人は結構な量を残してとても悔しそうに退店していく姿やバラバラの席に座ったカップルの彼女の方のどん引きする様子など、普段感じることのできない空気を感じました。
僕は僕で汗だくになりながら何とか完食し、お店をでることはできましたがものすごく疲れました。
着替えてジョナサンで休憩したのでセミナーにはなんとかこましな状況で行くことができましたが、それでも前半は元気を取り戻すのが大変でした。

ということで、セミナー行く前に二郎は禁止。特に夏は。

あと、東京駅をずっとうろうろしたり、新宿をうろうろしたり、南千住の路地裏に入ってみたり普段できない経験をたくさんしてかなり楽しめました。
そのかわりめちゃくちゃ疲れましたがw

シェアする