でろぐのロゴ 豚さんブーブー

ベイロガープラスがログインエラーで使えない場合の対応方法と要望など

2017年4月20日 (木)

今日は最近とても困っていて、やっとなんとかなった「ベイロガープラス」についてのあれこれを書きます。
主に困ったのは、ベイロガープラスを買ったはいいものの、その時点でアプリが対応していなくて買ったけど何もできなかったという点と、ベイロガープラスの初期設定とアプリの連携設定が分かりづらすぎたことの2点です。
アプリが対応していなかった点については、4/19のアプリのアップデートで対応されているので、現時点では問題はないわけですが、購入者視点からすると「買ったのに使えない」と言うのは正直いかがなものかなと思います。
もちろん購入する箱に「4月のアプリアップデートで対応予定」と書いてあったので、そこはあらかじめ把握して購入してほしいという意図は感じられますが、それでも気持ちとしてはあまりすっきりはしません。
なので今回はそのことについてはこのへんで切り上げまして、主にベイロガープラスとベイブレードバーストアプリの連携方法や問題点、改善方法などについてを書いていきます。

ベイロガープラス
ベイロガープラスはこんな見た目。

ベイロガープラスとは?

まず知らない人向けに説明しますと、ベイロガープラスは、最近小学生を中心に流行っている玩具「ベイブレードバースト」で使う周辺機器です。
ここまで読んでいる時点でベイブレードに興味がある人である可能性が高いので知っているかとは思いますが念のため。
ベイロガープラスで出来ることは、シュートパワーの測定やフレンド登録といった機能があります。
我が家の場合は、シュートパワーの計測ができることと、シュート計測でアプリ内でゲットできるベイポイントの取得ができることを主な目的として購入しました。
余談ですが、ベイポイントを取得して行えるレアベイゲットバトルでしか入手できないベイもあるので、ベイブレードのアプリは比較的よく使用しています。
とにかく、ベイロガープラスを購入したので、シュートパワーを測定し、そのデータをアプリと連携させたいわけです。
ところが、初期設定は実際にやってみるとこれが思いのほか難しいんですよね。
初期設定は手順を間違うと完全に詰むので、できない人向けにまず正しい手順を書きます。

ベイロガープラスの初期設定方法

まず、ベイブレードアプリとベイロガープラスを初期設定する場合、購入したベイロガープラスとアプリにログインするためのアカウントを連携させる必要があります。
正しい手順は以下の通りになります。

ベイロガープラスの初期設定の手順

  1. ベイアプリを立ち上げる
  2. ログインしている場合はログアウトする
  3. 「ベイロガープラスでログイン」を選択する
  4. アプリのマイクなどの設定をオンにし、音量を最大まで上げる
  5. ベイロガープラスの通信ボタン(丸いボタン)を押してから通信する
  6. アプリのインストールされた端末とベイロガープラスを近づける
  7. 案内に従って進める
  8. 完了

というのが正しい手順です。
これって一見簡単そうに見えますよね。
でも実際にやると、「あーそういうことかー」ってなるポイントがいくつかあります。

ベイロガープラスの問題点

実際につまづいた点と感想含め、現状の問題点を書き出します。

ログイン状態で初期設定ができない

まず最初につまづいた問題点は、アプリにログインした状態から初期設定が行えないという点です。
ベイロガープラスをアカウントに紐付ける必要があると思ったので、アプリにログインしてからベイロガープラスを登録するかと思ったんですが、実際に操作してみるとそのメニューがありません。
ログイン後のメニューには、「ベイロガープラス変更」「アカウント削除」「ベイロガープラス初期化」の3択になりますが、結論からいうとこの3つとも初期設定には関係ありません。

この3つの設定は初期登録とは無関係
この3つの設定は初期登録とは無関係

実際の初期設定を行うには、上記手順のようにいったんログアウトした状態から「ベイロガープラスでログイン」を行う必要があります。
なお、まずログアウトする必要があるということは、サイトにもどこにも書いてありません。
僕が見逃しているだけなのかもしれませんが、それにしてももっと分かりやすいように手順を案内する必要はあるかと思います。

ログアウトして表示される「ベイロガープラスでログイン」からしか初期設定はできない
ログアウトして表示される「ベイロガープラスでログイン」からしか初期設定はできない

エラーに出てくる「Web連携」がわかりにくい

次の間違えやすいポイントとしては、ログイン後に設定をしようとした場合のエラーメッセージです。
ログイン後のベイロガープラス設定に「ベイロガープラス初期化」というメニューがあるので、「ここで初期化して登録できるのでは?」と思ってしまいました。
実際に初期化を選んでやってみると、初期化の動作が行われ、ベイロガープラスと通信を行って初期化している様子が見て取れます。
しかし、その後ログインの認証画面が繰り返し表示されるというループになり、何度かエラーを経た後「Web連携が済んでいません」というようなエラーが出ます。
ここでまたわかりにくい表現になりますが、「Web連携」って言われると、すでにアカウントにはログイン済みなのに、なぜアカウントと連携ができないんだろうということになります。
仕組みがわかっていると、この時点でベイロガープラスとアカウントの紐付けが行われていないので、このエラーでよさそうに思いますが、この段階ではこちらはまだその全容が見えていないので、「メールアドレスもしくはパスワードを入力し間違えたのかも?」と思ってしまいました。
ここはエラーメッセージの表現が不適切なので、「アカウントとベイロガープラスの連携が行われていないためエラーになります。まずはログアウトしていただいた後、ベイロガープラスでログインを選択してください」というように、エラーメッセージを変更した方がいいと思います。
なにせわかりづらいというのがよくないです。
そもそもを言えば、初期登録のトリガーがログイン後の「ベイロガープラスでログイン」のみになっていることが問題なので、ログインしている状態からでも初期設定が行えるようにするべきではないのかなと思います。

ログイン後にデータを同期するためにはログアウトし直す必要がある

すったもんだありましたが、ログアウトしてからは比較的すんなりとベイアプリとベイロガープラスの連携は行われました。
ここについては特に問題もなかったんですが、ベイロガープラスでログインしてみると、シュートパワーの数値がアプリに連携していないことに気付きます。
初期設定手順の段階で初期化しているので、とりあえずシュートを行ってデータを貯め、同期させるための場所を探したのですが見当たりません。
色々見て回ったんですがやはりなかったので、「もしや」と思いいったんログアウトした後再度ログインするとデータの同期が行われました。
ということは、シュートパワーなどのベイブレードを使用して蓄積されたデータは、その都度ログアウトしてログインし直さないと同期できないということになります。
ああ、なんというめんどくささでしょう。
データを同期するだけなので、ログイン後にもデータを同期させるボタンをつけてくれれば済む話だと思うんですが…。

ログインするまでの時間が長い

ただ、別にログアウトしてからでもすぐに処理が行われるようなスムーズなログインであれば別にかまわないんですが、実際にやるとログインするのにけっこう時間がかかります。
この時間が長いので、それに対するストレスがけっこうあります。
一回打ってシュートパワーを確認とかができづらいので、データの同期を行うのは腰が重いです。
たぶんログアウトしているからログインにかかる時間もそこの時間として乗っているので、ログイン後はスムーズにデータの同期のみが行われればいいのになと思います。
なにせ遅いのが致命的です。

こういう改善をしてほしい

以上の問題点、不満点からこちらが考える改善ポイントとしては以下になります。

  • アプリの画面やエラーメッセージが分かりづらすぎるので、分かりやすい表記にしてほしい。
  • 初期の連携手順をきちんとサイトに表記してほしい。
  • ログイン後にベイロガープラスとアカウントが同期できるようにしてほしい。
  • ログインまでの時間を短縮してほしい。
  • 子供向けのアプリでコロコロコミックの世界観を出しビジュアルにしないといけないのはわかるので、盛りすぎなデザインにするのはかまわないんですが、ベイロガープラスという商品はこのアプリと連携するためのものなわけなので、その辺を踏まえてきちんとした表記、ラベル付け、エラーメッセージの表現などをもう少し考えていただきたいです。
    大人でこれだけ困ったので、子どもであればもうどうしていいのかわからないという場合もあるかと思いますし、子どもに泣きつかれて代わりに設定する親も困ること間違い無しだと思うので、ぜひ改善してほしいと思います。

    アプリの初期画面
    アプリの初期画面はWebサイトの状態がそのままアプリになっているような感じ。見てわかるように「ボタンがいっぱい」。
    情報をもっと分類するなりしてスッキリなったら見やすいと思うけど、子供向けという点と世界観の表現もあるので判断が難しいところ。

    さいごに

    けっこう大変でかなりイライラしたので不満点が爆発したような感じにはなっていますが、子供が自分のシュートパワーをデータで見て、「もっと強くなりたい」というきもちが強くなったり、ベイポイントも貯めたいしシュートパワーもあげたいということで、練習がすすむということなども含めて子どもにとってはベイロガープラスは素晴らしい商品だなと思っています。
    だからこそ、もっと子どもが楽しめるような商品にしていただくということをしていただけると、うれしいなと思うのです。

    シェアする