でろぐのロゴ 豚さんブーブー

チャットワークを使ってみてけっこう変わったよ

2012年3月8日 (木)

今日はこんな企画があるので応募ついでに僕の愛するツールであるチャットワークについて書いてみようと思います。
チャットワークBefore-After

僕にとってチャットワークとは現在では仕事でもプライベートでもなくてはならないツールです。
名刺にも名前の次に書くくらいの重要なものという位置付けです。
それは実際に使ってみてこれしかないと思えるくらい素晴らしいツールだからです。
実際にあったことを元に比較してみます。

チャットワーク導入で僕はこう変わった!

・さようならスカイプ
・さようならRememberTheMILKとGoogleToDo
・さようならポメラ
・半分さようならメール
・こんにちわ新しいライフスタイル
・チャットワークから始まる新しい情報共有のカタチ

さようならスカイプ
テキストでのチャットで長年使ってきたスカイプは音声チャット用のツールに成り下がりました。
というのもスカイプでは端末ごとにログが残るので出先や複数端末での操作時にログが行方不明になったりするんですよね。
スカイプはものすごく普及していて便利だったんですがなんにこのログが残らないのが嫌だったものでけっこう困ってました。
しかしチャットワーク導入後はひとつのアカウントで複数端末使っていてもログはクラウドで管理されているので端末には残りません。ログが行方不明にならないし、仮にPC等を紛失しても普段からログイン情報を残さないようにしておけば情報漏洩も防げるしいい事尽くめです。
なのでスカイプは長年使ってきましたがチャットワークを使い始めてからは音声チャット用の為だけに使うツールという位置付けになりました。

さようならRememberTheMILKとGoogleToDo
チャットワーク導入前まではToDoの管理をRememberTheMILKとGoogleToDoで行っていました。
ただ、それぞれをいちいち立ち上げたりとかの手間がけっこう面倒で管理を一元したい僕としてはあまり使いこなせていませんでした。チャットワークはビジネス用チャットなのでタスクの管理機能がついていてこの機能が非常にいい感じです。
タスク管理をチャットで会話しながら残していけるのであとで記入するという2度手間も防げますし、何より忘れずに済みますw
忘れっぽい僕にはその場でしっかりタスクを振って管理できるチャットワークはまさに秘書のような存在です。

さようならポメラ
チャットワーク導入前はメモを取るときポメラを愛用していました。
軽いし丈夫だしUSBでテキストファイルをローカルに落とせるのが気に入っていたのですが、どっちにしても一回有線で繋がないといけないという手間がありました。
チャットワークではセルフチャットという自分だけのチャットがあるのでここに自分用のメモを残せるというのがめちゃくちゃ便利です。はたから見たら自分相手に自分でチャットとかイミフですが、これが非常に強力です。
僕は勉強会とかセミナーに行ったときとかにメモをチャットワークのセルフチャットに残してます。
タスクも振れるので帰ってからこれやろうとか振るわけです。
これをしておくと帰って時間が経った時にその時の熱を思い出しモチベーションもアップして得た経験を実践できて自分の為になっています。なのであれだけ好きだったポメラも持ち歩かなくなりました。

半分さようならメール
チャットワークのキャッチコピーはご存知のように「メールの時代は終わりました」です。
新しい働き方の形としてメールでなくチャットという事なんですが、実際やってみたらわかりますがメールは本当にいらないです。僕個人としてもメールはもうなくてもいいと思っています。
ただ実際問題メールが必要な環境に置かれている方やなかなか慣れ親しんだ環境から踏み出せない人もいるのでメールも使ってます。ですが僕としてもメールでやるよりチャットで仕事した方がコスト的にもスピード的にもよいパフォーマンスが出せるので可能であればチャットワークに切り替えていってます。
来年の今頃には今の倍くらい使っている人が増えたらいいなと思ってますのでどんどん広がって欲しいです。
本当に意味でメールの時代に終止符をうって欲しいです。

こんにちは新しいライフスタイル
そしてなにより変わったのが自分の仕事のスタイルや生活スタイルの変化です。
これまでは固定の設備がないと仕事がしづらいというのが本音でしたが、今はかなり気楽に外でも仕事が出来ますしプライベートでも便利になってきました。
いまゆるノマド的なワークスタイルも出来ますし、気が向けばコワーキングに行く事だって自分の気分次第で可能です。
息子のお迎えの時間を妻に指示してもらったり買い物のリストを送ってもらったりすれば忘れ物もないですし使い方次第で生活はどんどん便利になってます。
なによりこの「とりあえず何かあってもネット環境さえあれば大丈夫」という感覚がすごく大切で、この感覚が出来たということが自分にとってはものすごく大きな変化です。
その感覚を作ってくれている最大の存在はやはりチャットワーク。
チャットワークがあればこそどこでも仕事が出来るというのが最大の要因です。

チャットワークから始まる新しい情報共有のカタチ
チャットワークが始まって1年経つんですがその間にどんどんユーザーが増えてきてアクティブな人がどんどん増えて来てます。
その影響か新しい流れとしてグループチャットの動きが活発になってきてます。
その流れの代表的なものが各分野の専門家に無料で相談が出来るチャットワークコンサルティングです。IT経営のパイオニアであるECstudio山本社長をはじめ、弁護士の先生、キャッシュフローの先生、セキュリティの専門家など各分野で活躍中の方々から無料でアドバイスを受けるサービスまで始まってます。
この他にも有志で育児の相談チャットやビジネスマッチングのためのチャットなどビジネスからプライベートまで自分にとって大切な情報を共有・相談しあえるコミュニティが形成されてきています!

まとめ
といった感じでチャットワークが誕生して早1年。僕にとってはまさになくてはならない存在になりました。
ちなみに有料版で使っているんですが無料版と違ってコンタクト数やグループチャット数を気にしなくていいというのが精神的にすごく楽でオススメです!
またチャットワークをされていない方は是非一度試してみて頂きたいです。
僕がこのブログで熱く語っている理由を納得できると思いますw

チャットワーク

ぼくのチャットワークアカウントはTwitterのアカウントと同じですのでチャットワークを利用されましたらコンタクト申請してくれても大丈夫ですよ!
Twitterのアカウント:deroter

シェアする