でろぐのロゴ 豚さんブーブー

ザ・グレートカブキ格闘技人生50周年記念大阪大会に行ってきた

2014年11月12日 (水)

2014/11/9(日)に大阪市立市民交流センターひがしすみよしで行われた「ザ・グレートカブキ格闘技人生50周年記念大阪大会」に行ってきました。
もうこの大会が行われるのを知った瞬間から「行くしかない!」と思い参加してきたわけですが、やっぱり行ってよかった。
全体的にゆるい感じではありましたが、プロレスを「楽しむ」雰囲気とカブキさんへのリスペクトの気持ちが会場中に満ちている素敵な空間でした。

せっかくなので、それぞれの試合について感想を書いていこうと思います。
たぶんめっちゃ長くなるので覚悟してくださいw

九尾国内デビュー戦8人タッグマッチ15分1本勝負

冨宅飛駈&エイサー8&守屋博昭&九尾 VS ヤス久保田&ヒデ久保田&佐野直&ライジングKID

プロレスの試合の前にキックボクシングの試合があって、子供のキックボクシングもすげーなーとか見てたんですけど、キックの事はあまり詳しくないし語れないので割愛。プロレスの最初の試合は8人タッグマッチで、九尾の国内デビュー戦という事で、試合自体が九尾メインの構成で進みました。
後から聞いた話で知ったんですが、この九尾さんは昔海外で活躍されてたそうなんですって。
それで今回から国内でも活動をするという事で、この試合みたいなんですがお世辞でもいいと言えないくらいの感じでちょっと厳しい感じでした。
書いてたら批判的な内容になりそうなので、そこは次から楽しみにしているという事にします。
僕は元々WWEが好きなのであまり日本の選手は知らないので、今回の大会もはじめて見る選手が多くて色々と面白いなと見てました。
守屋選手の声がめちゃくちゃ通ってるのと動きが面白いなとか、それを久保田ブラザーズがやじってる感じとかその辺がすごく面白かったですね。
最初の試合としてうってつけなオープニングを飾るのにふさわしい感じだったかと思います。

西口ランブル(約20名参加)

全西軍=ジャイアント小馬場、ジャンボ鶴太郎、ザ・シロート・カブキ、ユダン・ハンセン、ブレザー・ブロディ、大仁田暑苦しい、ゲストロイヤー
新西軍=中邑珍輔、腐れ外道、飯塚ちゃかし
珍国際軍=アニマル浜栗
女子プロ軍=元気美佐恵、ドレイク森松
西口混成軍=佐々木孫悟空、けんちゃん、ラブセクシー・マフミ、よしえつねお、実況マン
ゲスト=ザ・グレート・ママカブキ

次の試合?が西口プロレスの西口ランブル。
次から次に選手がでてきて行うランブル形式の試合ですが、モノマネで有名?な西口プロレスらしく全面にお笑いがでた非常にエンターテイメントな試合でした。
アニマル浜口のもの真似のアニマル浜栗から始まり参加一覧見て分かるように小ネタのオンパレードです。
プロレス好きにはたまらない感じw
最終的にはカブキさんの奥さんがリングに上がったり、カブキさんのお店で働く元気美佐恵選手が優勝したりと、カブキさんの周年をお祝いする賑やかな感じでした。
試合後に美佐恵選手が感極まって泣いた時にはこっちももらい泣きしそうになる感動的な場面もあってすごくよかったです。

タッグマッチ30分1本勝負 若翔洋&ラ・ピート VS スミヒデアキ&カブキキッド

元関取の若翔洋さんもお祝いに来てました。
今は総合やってるみたいでしたが、さすがに元関取なので体が大きいなと。
個人的にはカブキキッドの動きがけっこう好きです。

キックボクシングVSプロレス異種格闘技戦2分3ラウンド 難波久美 VS アントニオ小猪木

なぜか異種格闘技もやっていて、女性のキックボクサーとアントニオ小猪木さんがなぜか試合をしていました。
アントニオ小猪木さんの小ネタ(モハメドアリと猪木の試合の時に猪木がやったねっころがり戦法とかw)を挟みつつ試合は最終ラウンドへ。
結果は想像にお任せしますw
(まあたぶん今思っているそれが正解だと思いますよ)

MMAルール 79kg以下契約3分3ラウンド 武士正 VS 寺島力

その次の試合は、ガチというか真面目なやつ。
会場の空気は変わりましたね。
僕はあまり総合とかは好きではないのですが、試合後の寺島選手のエピソードとか家族へのメッセージはとてもよかったです。

男女混合3WAYタッグマッチ

コマンドボリショイ&くいしんぼう仮面 VS 中島安里紗&アレクサンダー大塚(男盛) VS 賀川照子&松山勘十郎

ピリリとした試合の後にはひと呼吸おくものですが、この試合がまさにそれでした。
メンツを見たり、男女混合だという点を考えると、まあそうだよねという感じですがw
試合自体はコミカルな感じで非常に面白かったです。
松山勘十郎さんは名前だけ知ってて、実際に見た事なかったんですけどかなり来てますね。
ロープの上を渡るやつとかもすごくいい。
今後注目したいレスラーでした。

タッグマッチ60分1本勝負 空牙&舞牙 VS ゼウス&The Bodyguard

休憩を挟んでの次の試合は、かなりちゃんとした試合でした。
ゼウス&The Bodyguard組はめちゃ筋肉あって若干しょっぱかった感じはありますがチョップで会場に響く音の感じとかは最高でした。
場外乱闘的なやつで子供が泣いたのはかわいそうでしたけど。

ザ・グレート・カブキ格闘人生50周年記念試合50分1本勝負

ザ・グレート・カブキ&青柳政司&齋藤彰俊 VS 天龍源一郎&藤原喜明&モハメドヨネ

そしてメイン戦は今日の主役「ザ・グレート・カブキ」さんの試合。
内容は言わずもがな最高で、メンバーも安心してみれる感じで試合を堪能できました。
天龍さんの入場シーンとかは鳥肌ものでしたし、フジワラアームバーも見れて大満足。
カブキさんも終始試合に絡んでいて、すごくいい試合でした。
これまでの試合もよかったんですが、この試合だけはやはり別格で、うまく表現できませんが会場を包み込む「オーラ」が違うというか、何というかこう言葉にはできない感じの「すげえ感」というか、説得力というかなんというかそういうものがありました。
本当にいいものが見れたなと。

試合後には、今回の試合に誘っていただいた建山さんの会「建山会」にお邪魔させてもらったり、その後の大会に参加した選手達の打ち上げに合流させてもらったりと一日プロレスにまみれた幸せな時間を過ごせました。
ああ、プロレスが好きでよかった。
次の日は空気の抜けた人形のように抜け殻でしたけどw

シェアする